勇気を持つ


"Always remember
You are braver than you believe,
stronger than you seem,
smarter than you think &
loved more than you know"
Winnie The Pooh

『君は思っているより
ずっと勇敢だし
強いし頭もいいんだよ』
クマのプーさん


6月のエントリーにて
この土地に根を下ろしたい

だから家を購入する

そう決めてから7月は
喜怒哀楽が詰まった一か月でした

まず第一の関門は
住みたいと思える場所を
見つける事から始まります

只今買い手の需要が多いマーケットなので
よいと思った物件は1-3日の内に
売り手がついてしまうという状況です

ですのでアプリで
常に新物件をチェックし続け
気に入ったら即不動産の方に連絡して
当日か遅くても翌日に見学に行きました

最初の方は何となく良いかな

そう思っているうちに
買い手がついてしまって
もたもたしている場ではないと
焦ってしまう事もあったのですが
後から考えた今では
すぐに行動に移動できなかった物件は
私の住む場所ではなかったのだと思います

写真から見るだけでも
良いエネルギーを感じる
そのような魂が惹かれる場所が見つかり
その家に見学へ行った際には
即購入の手続きをお願いしたのでした

未来を描ける場所が見つかった、、

ほっとするのも束の間

「他にも購入希望の方がいるので競売にかけます」

この連絡はとてもショックでした

もうこの場所じゃなくては
他の場所では絶対満足できないと
どこかで確信してしまっていたからです

これは思い込みかもしれませんが
それほど部屋と空間に惹かれてしまっていたのです

海外に独り身で生活していて
簡単に身よりがいない分
金銭的にはとても几帳面なタイプですので
あくまでも自分でできる範囲での
一番の値段を提示し
売値より高くは上げずに
反対に売り手に安心してもらえるような
安定した買い手である事を提示し
そしてどうして私にこの家を
売る必要があるのか心を込めたラブレター(笑)を
添えて挑んだのでした

ちなみに私は活字の力を信じています

Asami-Parisのコンサルティングを始めた事によって
自分の考えを言葉に変えて
どの様に伝えるかを考えるようになりました

これは今後もメールやブログを通して
繋がっていくためにとても大切なトレーニングだと思います

連絡が来るはずの土曜日の4時前

この日はずっと結果の事を考えずに
普段通り過ごすようにしていましたが
4時を過ぎても連絡が来なかった間
もう駄目だったのかもしれない、、
この様な気持ちが過ってしまいそうな所を

「待つ事ができないからといって
自分から諦めてしまう癖は辞める!」

自分に活を入れ
あの空間に居る生活を想像し続け
ようやく6時を過ぎてから
電話が鳴り、私のオファーが選ばれたと
聞いた際には安堵と緊張が弾けて
嬉し涙が溢れていました

出来る事は全てやりきった

そして今まで前夫に頼りになってばかりで
自分では何もできない、、

そう怯えていたあの日の自分に
やっとそんな事はないんだよ
そう伝えてあげられるような
一人の大人に成長できていた

そう思うと
とても感慨深い経験になりました

その後も少し交渉が拗れて
もしかして流れてしまうのではと
心配になってしまうほど
順風満帆にはいきませんでしたが
その際にもAsami-Paris のコンサルティングで
Output で攻めに行くという事を学び
腹を括り先手を打つ事で
売り手中心の交渉から
私の申し建てを受け入れてもらえる所まで
Asami先生の言葉をお借りしますと
オセロの色がひっくり返った瞬間でした

この様にいろいろな想いと
学びのある体験でしたが
ようやく来週末には無事に入居ができそうです

ここ2週間ほど荷物のパッキングに
追われているのですが
勢いがついて希望だけを胸に
新居へ移動できるかと思っていたのも束の間
何か違和感を感じ直感的に
Hiromiさんに連絡を取ってみたところ
これからのハイヒールを履いている自分と
そうでなかった今までの自分との狭間で
未練が残った断捨離をし始めている事に
やっと気がつく事ができたのでした

やはり自分で自信がなくなってしまう時は
人生の経験者・先輩の方の体験を
聞かせて頂く事で学びのきっかけになるかと思います

心地がよい基準が変化してくる

それを受け止めてあげるのは
今までの自分を否定するわけではなく
これまでの自分があったからこそ
今の私が居るのだから感謝を込めて

ありがとう・さようなら

そう伝える必要があるんだな

今週はまだ家中を見渡しても
センチメンタルになってしまいますが
来週には気持ちを入れ替えて
新しい一歩を踏み出せる事を願っています




このブログの人気の投稿

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

ハイヒール・レッスンのご案内

苦手な事を待ち遠しくするために