見えない変化を感じ取る

以前「始まりのきっかけ」にて
少し触れましたが
昨年の11月から毎週受講している
ハイヒールレッスンを
随分前からあるハイヒール一足で
これまで続けてきました

前回の内容には書いていなかったのですが
もちろん、レッスンを始めた際には
勢いもついていて「いざ!」と
ダウンタウンにある大きなデパートまで
出かけた事があったのでした

しかし売り場に到着した際
その時の自分のオーラというのでしょうか?
自分のレベルがハイヒールのレベルに
全く見合っていない事がプレッシャーとなり
怖気づいてしまい試着を頼むことさえできず
すごすごと帰ってきてしまっていたのでした

目に見えないレベルの違いを感じる

心地の良いゾーンから「エイっ」と
身を投げられらるような性格だといいのにな

そう思う事も多々ありますが
その時はそうしてしまうと
ただ「物」を「購入した」というだけで
私の望んでいる
「買い物を心から満足して楽しむ」
ここに繋がらない様な気がして
手ぶらで家路に着いたのでした

その事をAsami先生に報告し
「次回は自信を持ってゆけるとよいですね」
そう話していてから7ヵ月が過ぎた今、
ようやく腹の底からムラムラと
「Louboutinが欲しい」と欲求の声が聞こえ
今回は迷わず、デパートの一角ではなく
一等地にあるブティックまで出かけてきました

セキュリティにドアマンが立っていて
厳重な雰囲気が漂っていますが
本気で購入する気がある際には
高級店であろうとおどおどする必要は
全然ないのですね

お店の方が「How may I help you? (何かお探しでしょうか)と尋ねてきた際
「ハイヒールを探しています
Louboutin は初めてなのでサイズがわかりません
よければ普段履いているサイズの上下を
いくつかのタイプで試着をお願いしたいのですが」

そう伝えると両手にかかえきれないくらい
たくさんのタイプとサイズを
持ってきて下さり、一つ一つ試着をしました

つま先の形が少しずつ違ったり
ヒールの細さが違ったりなど
オンラインの写真で見ているだけでは
わからなかった事を丁寧に教えていただき
気に入った物は他の色はどうなのかなど
いろいろ会話をしながら
一時間ほどゆっくりサービスをして頂きました

最終的には欲しい型のサイズが
お店に置いてなかったため取り寄せをお願いし
家路に着いたのですが、7ヵ月前には
「もう無理!ガッカリ!自分が恥ずかしい」
このように怖気づいていたところから
ここまでよく心にゆとりを持ってLouboutinに
立ち向かえたなぁと見直していました

昨日は商品を受け取りに再び出向いたのですが
その際には、もう店内に入ると
「お待ちしていましたよ」と快く迎えられ
丁寧にサービスしてくれた彼女と
名前で呼び合いconnect できる

この人との繋がりを感じられる買い物
心に残るストーリーのある出来事を
私は求めていたのだと思います

恐れ多いと思い込んでいた場所が
また訪れたいと思える場所に変わっていく

Asami-Parisのコンサルティングとは
ハイヒールの美学とは
人生を豊かに生きるために不可欠である

この事を身をもって体験する事ができた
大きな出来事でした

これからは12cmのハイヒールで
新たな高さに挑戦します!





このブログの人気の投稿

苦手な事を待ち遠しくするために

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

絶対に負けないという意志