始まりのきっかけ

今日は何か自分を変えたいと思っているけど
勇気が出ないという方への想いを込めて綴ります

私がプレタポルテのクラスを申し込んだのは
去年の11月のことでした
これまで2-3年ほどAsami先生のブログを毎日読みながら
「いつかは私も、、」と夢みていたものです

「夢をみる」と言うと聞こえはよい気もしますが
今から思い返すと、夢をみているだけでは
結局何も行動をしていない
更に行動を始めない心理の裏には
「私みたいな凡人が届く場所じゃない」
そうどこかで始める前から諦めている心がありました

そのような状態から一体何が変わって
ハイヒールレッスンの扉を叩く決心ができたのか

それは他人と自分を比べる心を振り払い
他人の目線を気にせずに

私はわたし

そう吹っ切れたことがきっかけでした

そして私の「したい」「なりたい」
本心を忠実に生きる
その大切さに気がつけたからです

扉を叩く前までの大きなためらいはありました

ハイヒールレッスンを始める前に
先生の履いているような高級な靴も持ってないし、、

諦める理由は山ほど出てくるものですよね!

でも諦めないで

今持っているものから始めるので十分なのです

私は最初のレッスンから4か月以上経った今でも
実はたった二足しかハイヒールを持っていません

一足は3-4年前ほどに購入した$20(約2000円ほど)の
真っ赤なエナメルの5㎝ヒール
ポップでジーパンとよく似合いとても気に入っていました
が、エレガンスからは程遠く
今はおもちゃのような存在になっています

そしてもう一足は10年以上前に購入した
黒い10㎝のスリングバック
ドレスアップをする特別な日のため
全く履くことがないまま保管されていたのでした

本当は最初のレッスンの後にハイヒールを購入しに
出かけようと計画していたところ
最初の日から素足のレッスン終了後
「では、ハイヒールを履いてみましょう」
と言われ、えーっこれしかない!!(パニック)
結局今では毎週のハイヒールレッスンと
毎日(今は自宅勤務なので)の生活は
この古株とお供しております

本当にそんな状態でよくぞハイヒールレッスンの扉を
叩いたものだな。と驚いてしまう部分もありますが
結局、始まりのきっかけとは何でもよいのかと思います

きっかけ自身はなんでもいい
で吉兆は絶対見逃さない

確か私が最初に申し込んだ2019年の秋は
Asami先生が出産直後であり
新規のプレタポルテの枠がなくなり
「あ~もたもたしてるうちに、もうダメになってしまった」
そうガッカリしていたのです

そしたらある日3日間だけ受付をオープンすると
メッセージがあり
「これだ!」と電撃が身体に走ったものです

そうして今の私がいるわけなのですが
ようやく新しい素敵なハイヒールを迎えたいなと
心から待ち遠しく思えるようになってきました

ルブタンがやはりいいかな
でもマロノブラニクも素敵だな

4ヵ月前の自分では想像できなかった考えをしていて
こんなに一つの事を決定するだけで変わることがあるんだなと
驚きながら、それほどの内容を提供していただける
コーチに出会えたことに感謝せずにはいられません

そして本当に扉を叩くか迷っていた時に諦めなくてよかったと思います

ということで長々となりましたが
「ハイヒールレッスン、始めてみたいな」
そう思うことがある全て方

ハードル設定は全て自分の中にある事に気がついてください

そして最初の一歩を踏み出す事で
どれだけ実際は身近に手の届くことであったのか
どれだけ一歩を踏み出す勇気を応援してくれる人がいるのか
感じていただければと思います

私自身も最近曇りがかかっていることが多く
いつの間にか彷徨っている状態でありました
こうして言葉で書き出す事で
初心を忘れず自分も奮い立てて行こうと心に決めた今の瞬間です

Instagram(日本語)

Instagram (英語)
Aubade USA (英語ブログ・読みやすく短く綴っています)







このブログの人気の投稿

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

唯一無二

ハイヒール・レッスンのご案内