余白を楽しむ余裕を作る

本日からアメリカは
春時間の始まりであり
時計を一時間
早める必要があります

パリとのレッスンが
時差の関係で
通常より一時間遅くから
始まるという事を
何度も確認しており

本日のハイヒールレッスンは
正しい時間を確認できた!

そう思いつつ
朝準備をしている間に

コンサルティング卒業後
初のハイヒールレッスン

残念ながらやはり
間違いをしてしまっていた事に
気がついたのでした

今までハイヒールレッスンは
コンサルティングより
一時間早くから
開始であったのですが

コンサルティングの枠を
ハイヒールレッスンへと
変更したにもかかわらず
以前のハイヒールレッスンの
時間を対象に時間を
ずらしてしまっていたのでした

幸いだったのが
レッスンの前に一時間
予想外の空白の時間が
できたという事です

それならば
軽く朝食を頂きながら
音楽でも聴いて
過ごす事にしましょう

ピアノ・クラシックを
バックグランドに
外を眺めながら
ただ想いにふける

なんと贅沢な時間なのでしょう

シカゴは先週まで
暖かくなってきていたのですが
今週からはまた寒くなる予報で
春が遠くなった気がしていました

でもCardinalsという紅い鳥が
飛んでいるのを見つけたり
冬の間元気のなかった
観葉植物から新芽が
出てきている事に気が付けたりと

余白があるからこそ
得られる新発見や
心の休息の大切さを
感じていました

家具配置や写真の構造でも
余白があるからこそ
心を惹かれる空間になる

ハイヒールで歩く際にも
「動」の動きの中であえて
「静」を作るからこそ
歩いているだけでも
抑揚のある美しい動きに
なるとの教えがあります

しかし
時間に追われながら
沢山の物に囲まれ
せかせかと生かされていては
余白を楽しむ余裕を
作るのが難しいと思います

だからこそ私は
ハイヒールレッスンを通して
この余白の作り出す
美しさ・素晴らしさを
お伝えしていきたいと
強く願っています



このブログの人気の投稿

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

唯一無二

ハイヒール・レッスンのご案内