Noを求める

会社のTeam Buildingとして
性格診断のテストを受けました。

・・・・・・・・・・・・・
念入り・分析・控え目・管理

プロジェクトや提出物は
納得できる質まで仕上げる
入念な時間を取れない事が
ストレスとなり

更に新しいアイディアを
受け入れる事に対して
とても慎重である
・・・・・・・・・・・・・

このテストでは
個人の性格の傾向性を学び
シェアする事で
チームメンバーとの
交流・理解を深めるという事が
目的となっています

私のテスト結果は
自分でも気がついている事で
特に驚きはなかったのですが

この性格の心理の元は

失敗する事=自分の存在が失敗

真髄を暴かれたようで
ドキリとしてしまいました

確かにそうなのかも、、

それから数日何故そのような
思考に育ったのかを内省し
(「子は親の鏡」お勧めです)

今の固定観念を
打ち破るためには
何が必要か考えていました

そこで出会ったアイディアが

まず「No(駄目)」と
他人に言われる事に慣れる

そして「No」は
私の全てを否定されているのではなく

「今の私ではまだ駄目」

この様に思考を少しづつ変えてゆく

そうする事で
失敗や拒否される事に対する
恐れや執着を手放し
前向きな姿勢で
成長を応援できるように
なれる気がしています






このブログの人気の投稿

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

苦手な事を待ち遠しくするために

絶対に負けないという意志