唯一無二



"Be Yourself;
Everyone else is already taken."
-Oscar Wilde


数年近く毎晩手帳に
翌日の予定とするべき事
そしてその日感謝できる出来事を
書き出す習慣を続けています

手帳の最初の数ページは
空白を設ける事で
心に響いた言葉を書き写し
その時の心境・成長につながる
必要な内容が後から振り返る事ができ
気に入っています

その中の引用で有名な言葉:

自分らしく生きなさい
それ以外は既に取られていて
空いていないから

ざっくり訳すと

誰かの様に成ろうとしなくてよい
自分は自分でいるしかない
それで充分である

日本語では唯一無二(ゆいいつ・むに)

今日辞書を引くまで読み方
知りませんでしたが
同じ様な意味ですね

心に留めている教えのはずが
すっかり忘れてしまっていました

その大切さを思い出させてくれたのは
かけがえもないAsami先生でした

私はこの手で何かを
創作をする事が好きであり
時にはお気に入りのくたびれたTシャツと
短パンで土まみれになっていたり

嬉しい事があれば両手を挙げて
空中ジャンプで最大限に歓びたいし
悲しい事があれば
悲しみを感じ取り涙を流したい

感情と動きをコントロールした
美しさを提供する
コーチとしてのイメージと
かけ離れている自分

今年はコンサルティングも
佳境に入るにも関わらず
このギャップと
これからどの様に
なりたいのか具体的に
掴めていないところも
正直なところ迷いとなり
心に曇りがありました

私の魂は永遠の少年であり
その欠片を
失いたくないのかもしれません

でも女性としての美しさを
開花したい・楽しみたい

その欲望も共存している事は
確かなのです

この様な志では
Team Asami-Parisの一員として
そぐわないのではないかと気になり
その心の内を相談してみたところ

Asami-Parisの教えとは
先生と同じ様な生活や
見た目に近づく事が目的ではなく

教えの真髄・エッセンスを学び
それを糧にして自己開花する
これが本当の目的である

自分の価値観を持ち
ハイヒールの哲学と融合する事で
独自の魅力を作り上げる事ができ
それに共鳴する方々が集まってくるのです

だから自由になればいい


今までずっと心の奥につっかえていた
何かが急にスッと浄化された瞬間でした


私は100%ハイヒールのみの
生活を選ぶ事がなかったとしても
ハイヒール以外の靴を履いた後には
いつも以上に素足のエクササイズや
ハイヒールを履く時間を増やす事で
軸がぶれないように
常に正しい場所へ戻すようにする

要するに何が足りないかではなく
その様に共存できるように
努力する意識を入れる事が
忘れてはいけない大切な事だったと
気が付けることができました

その背景には間違いなく
Asami-Paris の真髄があり
美学に基づいているのです

真の美しさとは
洗練されたものと
偽りのない自身が
合わさったものであり

私は私なりの
アメリカで自立した
女性として生きる日常と

ハイヒールを取り入れた
女性らしさを楽しむという
素晴らしさを

二者択一で選ぶ事なく
どちらも持ち得えながら
ハイヒールコーチになる事が
可能である というか
その様なコーチになりたい
やっと明確なイメージが湧き
そう納得できるようになりました


このブログの人気の投稿

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

ハイヒール・レッスンのご案内