万事塞翁が馬


男は度胸
女は愛嬌

男も愛嬌
女も度胸

万事塞翁が馬


20年前に日本を発つ前
恩師が送ってくれた言葉です


幸せだと思い込んでいた生活が
実は苦しみの積もったものであったり

でもその不幸に気がついたおかげで
多くの学びを得る事ができ
今の幸せを築く事が
できるようになっていたなど

人生は大きな波乗りであり
何が良くて何が悪いのかは
直ぐにわかるものではないから
一喜一憂しなくてよい

そして
男だからとか
女だからとか
ラベルに囚われずに

自分からも

他人からも

尊敬をされ

愛される人間になる

今を生きるために
必要な強さとは
この様な心構えなのではないかと
ぼんやり熟考しています

このブログの人気の投稿

苦手な事を待ち遠しくするために

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

絶対に負けないという意志