第二の心臓

ハイヒールレッスンでは
腹筋と背筋の大切さを
繰り返し言及しますが

ハイヒールを履くという事は
母指球に体重を乗せ
つま先をグッと下に向ける事で
踵を上げている状態

即ち脹脛(ふくらはぎ)を
キュッと引き締めている事になります

重力に逆らって
心臓に戻ろうとする血液を
ポンプの様に送り出す
働きのある脹脛

ハイヒールを着用する事で
脹脛の内側の筋肉を活用する

そうすると
血液の循環が改善され
女性特有の足先の冷え性や
浮腫みの症状が自然と軽減され
体調を整えるツールとして
とても適しているかと
体験しています

更に面白い事は
フラットシューズを
着用していた以前は
脹脛の筋肉が硬直した
男性の脚のような触感
脚の疲れに悩まされていました

ハイヒールを脱いだ後は
常に脹脛の筋肉を
刺激しているにも関わらず
手で触れた際すぐに
ふわりとリラックスした
女性らしい状態へと戻ります

この違いは一体何故でしょうか

体験を元に考えてみますと

フラットシューズでは
常に踵が脚に対して
90度になっている状態

=脹脛にあるヒラメ筋が
収縮されたまま

=筋肉が凝り固まる

=血液の循環不全に陥る

この方程式が
明らかになってきます

ハイヒールが提供してくれる
女性らしさを楽しみながら
更に美しい脚のラインと
今より改善された
健康を手にいられるとは
レッスンを開始した際には
予想もしていませんでした

ハイヒールの世界を
一度知ってしまったなら
あまりの奥の深さに
身体を鍛える事に
興味がある方は特に
かなりはまってしまうのでは
ないかと思います

もし少しでも興味が湧いたなら
一度Asami-Parisのコーチの
体験レッスンを受講される事を
是非お勧めします

冷えのない脚で冬を過ごす事は
可能ですよ!


このブログの人気の投稿

苦手な事を待ち遠しくするために

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

絶対に負けないという意志