上質を学ぶ

私はお洒落について
全く無頓着なので
ハイヒールを履いてみたいけれど
気軽に履けるものが適度かな

この様な心構えで
ハイヒールレッスンを
開始したのでした

ピンからキリまであるハイヒール

その中でもLouboutinは
特別だと何度も聞いてみても
何故そこまで価値があるのか
わかりませんでした

でもアクリルの入った
安価のセーターしか知らなかった時と
カシミアの柔らかくて暖かい
上質さを知ってしまったら
後戻りできないのと一緒で

Louboutinもきっと
上質の物質が
本能に伝えてくれる
何かがあるのだろう

その何かが知りたくて
レッスンを始めてから
初めて購入したのが
3ヵ月前の事になります

この3ヵ月間
最初の1ヵ月ほどは
足に馴染んでくれるまで
かなり苦労をしていました

12㎝のLouboutinでは
今でも片足に体重を
乗せた瞬間に
普段の歪んだ癖が
オーバーにでて
骨盤から回ってしまったり

歩く事もできない靴を買って
どうするの??

そう思われるかもしれませんが
何度もAsami-Paris Teamの方が
仰ってるとおり
繊細な構造である
ハイヒールだからこそ
美しくない動きを
寄せ付けない
というか美しく歩けない限り
履く事さえ許されない
その様な強いエネルギーが
緊張感となりモチベーションとなり
私を魅了しているのだと
感じています

そして靴の放つ
その強いエネルギーに
対応する為には
今まで気に留めもしなかった
服のしわが気になったり
手足が乾燥してガサついていないように
保湿に気を付けるようになったりと
細部まで美しさがあるかないかと
考えるようになったのも
Louboutinのおかげだと
言えると思えます

上質を知ってしまうと
後戻りできない
でもそれはとてもラッキーな事で
自分にはそれほどの
価値があると
内面化して考えられるようになった事が
見えない自信・力となり
強くなるための
第一歩であったように
感じています

物から何を感じ取るのか

そう考えるきっかけを
与えてくれたのが
私にとってのLouboutinなのでした











このブログの人気の投稿

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

苦手な事を待ち遠しくするために

絶対に負けないという意志