感性の共鳴

ここ2か月ほど
素晴らしく誠実で
愛情に溢れている男性と
お付き合いしていました

私は捨て猫のように
恋愛に対して
ぐれていたのに対して
彼は直球で
私のそのままの性格に
惹かれているのだと
言ってくれるのです

初めは自分の事を
受け止めてくれる人に
巡り合えた事が嬉しく
幸せな気持ちでいっぱいでした

今まで他人に話した事が
なかった過去の話も
オープンにでき
健康なお付き合いというのは
こんなに心が自然と
楽にいられるのかなど
目新しい事ばかりだったのです

でもここ数日間
何処かいつも少し違和感を
感じている事に
気がついてしまいました

静かに何が原因であろうかと
反芻してみたところ

魂の共鳴というのでしょうか

何かを体験した時に
感動する感性の違い

世界の美しさに
反応する波動が違う

私が感動した事に対して
同じように共感できる人

いや、それ以上に
私が気がついていない事にさえ
美しさを発見できるような
インスピレーションを
与えてくれる人と
私は一緒になりたいのです

そうだねと相槌を
打ってくれているだけの
男性だけでは物足りない

心地よさだけ
求めていられない

自分勝手すぎるかとも
承知の上で、でも
自分の心の嘘をつくほど
私にとっても相手にとっても
時間の無駄はないと結論をだし
これ以上付き合えないと
伝えてきました

かなりここ数日
不透明な気持ちに
悩まされていましたが

やはり最後に到達するのは
「妥協をしない」

この点がハイヒールの哲学と
人生の哲学が
オーバーラップする
大切な原点なのかと
感じています



このブログの人気の投稿

苦手な事を待ち遠しくするために

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

絶対に負けないという意志