前進あるのみ

『無意識を意識に変えるには』

今、La lune の草子さん
遠く懐かしい」を読みながら
とても暖かい気持ちに包まれています

「目先を煩わす物を片付ける」

思わず頷いてしまいます

というのも、これまで
自分とパソコンとの距離は
レッスンの内容を想像し
使いやすいように
準備をしているつもりでした 

ところが
最近レッスンを復習する際
「何かスッキリしていないな、、」
そう気になっていたのです

そしてようやく気がつけたのです!
原因は後ろにぼんやり映っている
掃除機とコートラックだと

今週はレッスン前に
この2つを片付けてみました
とても小さな変化ですが
見た目も気持ちもスッキリ

ビデオに映る空間が
教えていただいている
美学の内容に近づけた気がします

そしてその後
初めてビデオで復習した時
強烈な恥を感じた事を思い出しました

何がショックだったかというと
1-2mほど前進した辺りで
先生に「もう一度最初から」と
言われた際に
スタート地点へ戻るために
なんと私は後退りをしていたのです!

緊張が抜け、素足・がに股で後進している姿
「ひ、酷い、、醜すぎる」
この恥ずかしさとは自分の
無意識に対する恐怖に近かったです

これほど自分の動作が
煩わしいものになることもある

今だからこそ
良い勉強になったと言えますが
当時はこんな私が「美しさ」の
勉強をしていてよいのだろうかと
本当に心臓がどきどきしたものです

でも無意識を意識に変えるには
自分の醜い部分を直視・分析し
それを除去する努力に
変えていくしかないかと思います

そしてその際に
「私が醜い」と勘違いしないで
「私のこの動作が醜い」と
しっかり認識することが
向上心を失わず
練習を繰り返す糧になるかと思います


このブログの人気の投稿

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

唯一無二

ハイヒール・レッスンのご案内