目に力を宿る

今週もまた新たに同僚の家族が
ウィルスの影響で亡くなったと報告がありました

自宅隔離が始まってから1ヵ月が経ち
衣食住や健康にも困らず生活ができており
感情を感じる事に対して鈍感になってしまったのでしょうか

どんより重たい気持ちが胸に広がるけど
それが悲しみなのか、何なのかよくわからない
そのような日をここ数日引きずっていました

最初に心のざわつきに気付くこと
それを無理して押し込めないこと
どんな感情であっても認めてあげる

この作業を繰り返すことで
ようやく何を感じて苦しくなっていたのかが
自分で理解できるようになり
また前向きに「今を生きるしかない」と
希望の光りが見えてきました

そして昔セラピストに言われた言葉を思い出しました

「今のあなたの目、力が漲ってきているわ」

漲(みなぎ)る

私の好きな言葉です

「目に力が宿る」

それは生命力が宿るということ

どのような環境に置かれても
何に反応・行動するかは自分次第であり
生命力を失わずに生きる選択をしてゆくことも
総合的な美学に繋がるのではないかと感じております




このブログの人気の投稿

Aubade (オーバドゥ): 朝の愛の詩

ハイヒール・レッスンのご案内

苦手な事を待ち遠しくするために